Find us on Facebook

  1. トップ
  2. 製品情報
  3. BOM for Windows-Linux オプション Ver.7.0

Linux オプション Ver.7.0

 『Linux オプション Ver.7.0』は、「BOM for Windows Ver.7.0」の監視サービスが稼動しているWindowsコンピューターに導入して、 LinuxサーバーのCPUやメモリ、ディスク容量等を監視する機能を提供します。

 BOM 7.0マネージャー上でのLinux監視は、1つの監視インスタンスとして扱われ、Windowsの監視インスタンスとの同時に複数の運用が可能、 従来からご利用いただいている、Windowsから実行するSMTPメール送信やSNMP通知等のアクションも、ご利用いただけます。
 設定はすべてWindowsコンピューター上のBOM 7.0マネージャーから行い、Linux上でのインストール操作は必要有りません。 また、監視対象のLinuxコンピューターでは、BOMのための専用のプロセスを必要とせず、Windows上での初期設定時にssh経由でコピーされる Parlスクリプトのみで、監視とLinux上でのアクションを実行します。
 この様にBOMに関する一切の操作をWindows上から行うことができ、さらにLinuxテキストログ監視により検知したログを、 Windows上のBOM 7.0マネージャーに蓄積し確認できるため、Linuxに不慣れな場合でも、設定変更/ステータスの確認/ログの確認等の管理作業を、 ストレス無く実施いただけます。

対応するLinuxディストリビューション

 Linux オプション Ver.7.0では、仮想化技術の発展により最近需要が高まっている、VMware等の仮想環境上で動作するLinuxに対しての監視をサポートいたします。
 さらに、サービスコンソール機能を実装しているVMware ESX Serverでは、RedHat Linuxをベースとしているサービスコンソール自体の監視にも対応しており、 BOM Ver.7.0とLinuxオプションを導入することにより、【VMware ESX Server(サービスコンソール)監視+Linux監視+Windowsサーバー監視】のスキームが構築可能であり、 仮想環境上のOSを含めた総てを、同一インターフェイスで統合した監視を実現します。

※対応するディストリビューションの詳細につきましてはシステム要件をご参照ください。

新しいGUI

 Linux オプション Ver.7.0は、BOM 7.0マネージャー、コントロールパネル、集中監視コンソール、BOMアーカイブサーバーまで、すべて完全に統合されています。
 GUIも例外ではなく、BOM for Windows Ver.7.0準拠でデザインされ、また、設定操作は総てWindows上のGUIで行うため、Linux上の難しいコマンド操作は不要。 導入初日に監視環境の稼動が可能です。

Linux

監視機能

◆Linux ディスク容量監視
ディスク一覧を元にファイルシステムボリュームの空き容量・未使用率を監視
◆Linux ディレクトリ・ファイル監視
ディレクトリ/ファイルの、サイズまたは数を監視
◆Linux サービスポート監視
指定したIPv4ポート(TCP/UDP)が稼動しているかどうかを監視
◆Linux プロセッサ監視
/proc 内からCPU関連情報を取得し監視
◆Linux メモリ監視
/proc 内からメモリ情報を取得し監視
◆Linux ディスクアクセス監視
/proc/stat のディスクIOに関連した情報を監視
◆Linux ネットワークインターフェース監視
/proc/net のネットワーク及びNICに関連した情報を監視
◆Linux プロセス監視
実行中のプロセス全体、又は、特定のプロセスの情報を監視
◆Linux プロセス数監視
指定した名称ないしステータスのプロセスの数(プロセス一覧・ファイル一覧をもとに設定)
◆Linux テキストログ監視
指定した監視間隔中に、指定した文字列がテキストログに追加された個数を監視
◆Linux スクリプト監視
任意のシェルコマンドを実行させた結果の値を監視

アクション

Windows監視と同様に、Windows上で実行されるアクション/通知の他に、Linux上で以下のアクション/通知の実行が可能です。

◆Linux SYSLOG 書き込み
Linux コンピューターのsyslog にBOM イベント情報を書き込む
◆Linux プロセスコントロール
Linux コンピューターのプロセスを終了
◆Linux シャットダウン
Linux コンピューターをシャットダウン/再起動
◆Linux スクリプト実行
Linux コンピューター上で任意のスクリプトを実行

システム要件

◆監視元Windowsサーバー
監視元Windowsコンピューター
基本条件 BOM for Windows Ver.7.0が動作する環境
サポートOS ※1 BOM for Windows Ver.7.0が動作する環境

※1 OSとBOM for Windows の組み合わせに関しては、BOM for Windows の動作要件に準拠します。

◆監視対象Linuxコンピューター
監視先Linuxコンピューター ソフトウェア動作環境
サポートOS ※1 ディストリビューション バージョン
Red Hat Enterprise Linux (32-bit/64-bit) 6 / 7.1~
コンポーネント ※2 ソフトウェア バージョン
OpenSSH Ver.2.3.0 以上
Perl Ver.5.8.0 以上

※1 リストに記載がないディストリビューションでは動作確認をしておりません。 リストに含まれていないディストリビューションにおきましては、リストに記載されたディストリビューションで同様の現象が発生しない不具合はサポート対象外となります。

※2 各コンポーネントにつきましては、最新バージョンのご利用を推奨いたします。

IPv6環境下ではperl-socket6パッケージがインストールされていること。

bashが使用できること。

Red Hat Enterprise Linux 7は未対応です(7.1より対応)。

Red Hat Enterprise Linux 7.1以降は、64-bit版のみの対応です。

◆監視対象Linuxコンピューター
監視先Linuxコンピューター ハードウェア動作環境
基本条件 IA32(x86) もしくはIntel64(x64)アーキテクチャ準拠のコンピューター
もしくは、VMware、Hyper-Vなど、仮想的に同アーキテクチャを再現できる環境
マルチCPUに対応(OSのサポート範囲に準拠)
CPU OSの推奨環境に準拠
搭載メモリ量 OSの推奨環境に準拠
BOM動作時の
占有メモリ容量
5[MB]
インストール時の
占有ディスク容量
1[MB]